FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/3 山梨憲法集会

 集まろう、ともに学ぼう 
憲法が輝く未来へ

~誰もが大切にされる社会をめざして~

講師:水谷陽子弁護士

代々木総合法律事務所所属。
青年法律家協会常任委員。自由法曹団女性部運営委員。
日本労働弁護団、LGBT支援法律家ネットワーク、
明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)所属。

と き:5月3日(木、憲法記念日) 9:30~10:45
ところ:山梨県弁護士会館(甲府市中央1-8-7)



<主催>
山梨憲法集会実行委員会
055-226-3263
(合同法律事務所内 山梨憲法会議、加藤啓二)
スポンサーサイト

12/10 熊丸さんとあそぼう!話そう!


赤ちゃんのママも、学齢期のお子さんを持つママも、
おばあちゃんも!熊丸さんに元気をもらいましょう♪


熊丸さんとあそぼう!話そう!
kuma_new.jpg

◎と き:2017年12月10日(日)
      受付10:15 開会10:30

◎ところ:ぴゅあ総合 3F軽運動室

◎参加費:1家庭100円(新婦人会員は無料です)

※お子さんだけでなく、必ず保護者の方もご参加ください。


参加ご希望の方は、下記へご連絡ください。
新日本婦人の会 山梨県本部
TEL:055-226-5334 FAX:055-226-5364

6/24 子どもの貧困を考える会 学習・交流集会

講演
『子どもの貧困解決へ
~みんなで考えよう』(仮題)

講師 浅井 春夫さん
(立教大学コミュニティ福祉学部教授)

◎と き:2017年6月24日(土)
      受付13:30 開会14:00
◎ところ:NOSAI山梨 2階会議室


2012年に発表された「子どもの貧困率」は16.3%(約30万人)、ひとり親家庭の貧困率は54.6%にもなっています。「格差が子どもの機会を奪う」「拡大する格差の影響を最も受けているのは子どもだ」とも指摘されています。
私たちは、見えにくいと言われる、この“子どもの貧困”を学校や家庭の責任にするのではなく、広く地域や社会の課題としてみんなで考えていきたいと思います。
アンケート結果から要望をまとめて、県あての署名を始めました。その内容も紹介し、意見交流を行います。どなたでもご参加ください。

*会を支えていただき、一緒に活動してください。入会を呼びかけます。
一口300円以上でお願いします。活動内容をニュースなどでお知らせします。


【問い合わせ】
子どもの貧困を考える会 事務局
新日本婦人の会 山梨県本部
TEL:055-226-5334 FAX:055-226-5364

憲法施行70年 5.3県民アピール

憲法施行70年
安保法制廃止、9条壊すな!憲法を活かす社会を!


5.3県民アピール 賛同のお願い

kenpo70b.jpg  kenpo70a.jpg

「県民アピール」実行委員会
共同代表 : 雨松拓真 ・ 伊藤洋 ・ 大澤英二 ・ 椎名慎太郎 ・ 志村貞子



☆アピールは記者会見で発表するとともに、A2版のカラーポスターとして貼り出します。また、宣伝用チラシとしても配布します。
☆ポスターに皆様の氏名を載せます。ポスターは皆様にも郵送します。
☆4月12日までに賛同者名を賛同申込書でお知らせ下さい。FAX・メールで送っていただくか、お近くの実行委員にお渡しください。
☆賛同金(一口¥500)のご協力をお願いいたします。ポスター印刷、郵送代に使います。振込用紙で送金するか、お近くの実行委員にお渡しください。振込用紙のみでも賛同の登録をします。

ご不明な点がありましたら、以下の事務局へお問い合わせください。

[事務局]
電話・FAX : 055-275-4854 ( 戸田 )
メール : todayas@mtd.biglobe.ne.jp
郵便振り込み : 00240-9-131457 ( 加入者名 : 山梨9条の会 )

10/23 熊丸さんとあそぼう!話そう!


赤ちゃんのママも、学齢期のママも、
おばあちゃんも、どなたでも♪
お気軽にご参加ください

熊丸さんとあそぼう!話そう!

◎と き:10月23日(日)
      受付10:15 開会10:30
◎ところ:ぴゅあ総合

熊丸さんチラシ

費用は掛かりませんが、参加ご希望の方は下記へご連絡ください。
また、お子さんだけでなく必ず保護者の方もご参加ください。
sidetitleプロフィールsidetitle

親子ばと

Author:親子ばと
 子どもと女性のしあわせを願って活動している女性団体です。平和やくらしのことご一緒に考えましょう。会員どうしでおしゃべりし、様々な要求を実現していきます。女性団体だから、スタッフもみんな女性です。
 自分自身も3人の子の母。子どもたちも大きくなり、子どもに助けられる日々です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。